土のうの申し込み【簡単に運べる物を発見】

記事リスト

教室

知名度で選ぼう

観覧席の購入は各メーカーのホームページを比較してから決めましょう。商品によって特徴も異なるからです。できれば知名度が高いメーカーの商品を選択しましょう。実績があり、安全性が高いと評判になっているものなら安心です。

詳しく見る

工事

袋を活用したい

土のう袋は用途に応じて購入します。例えば土を撤去する際に用いる場合、一人の人でも持ち運びやすいものを手に入れると便利です。どのくらいまで土を入れれば何キロになるか、ラインが入っているものがあります。他にもUV土のう袋は耐久性に優れています。

詳しく見る

作業員

場に応じたものを

観覧席のメーカーには様々なものがありますが、目的に応じて選ぶ必要があります。一時的な利用か恒久的な利用かが大きなポイントとなってきます。屋内か屋外か、座る人数はどれくらいか、快適性は重視するかなどもポイントです。

詳しく見る

工事現場

防災用具の色々なメリット

台風や梅雨のシーズンになると水害が発生しますが、対策として利用されるのが土のうです。個人でも準備しますが、自治体でも大量の土のうを準備して対策をしています。その他にも配管の下に敷いて安定させたり、テントが風で飛ばないように四隅を固定するために使われます。農業用水の水量調整にも使われています。

詳しく見る

椅子

製造業者を比較しよう

観覧席を専門的に製造販売しているメーカーはいくつかあります。インターネットで検索し、各ホームページで商品をチェックしてみましょう。いろいろな種類があり、それぞれ価格が違うことも分かるはずです。また、リースを利用するのもお勧めです。

詳しく見る

様々なシーンで活用可能

土のう袋

利便性の向上

災害現場や道路工事などの現場でよく見かけるのが土嚢です。これら土のうは、テレビや新聞などのニューでもよく報道されていますので、ご存知の方も多いことでしょう。土のうというのは、専用の布袋などの中に土砂を詰めて使用する土木資材のことを言います。また、砂を詰める場合は、特に砂嚢と呼ばれることもあります。土のうの使い方は様々で、現場の状況に応じて使い分けています。具体的には、土のうを並べたり積み上げることで、台風などの災害時に、水や土砂の移動を防止できます。その他にも、爆発物の処理や、銃弾や砲弾破片などを防ぐための遮蔽物としても用いられています。土のうは専用の袋に土を詰めて使用しますが、この袋、以前は麻袋が一般的でした。しかし、現在では、ポリエチレン製で作った布製が主流になっています。そして大きさは、誰もでも持ち運びしやすいように、500mm×800mm前後が一般的です。また、その中には、油圧ショベルで運搬することが前提になった、大型タイプの土のうもあります。このように様々な種類の土のうがありますが、最近は、土など、中詰め作業の必要のない袋も登場しています。中詰め作業を省略できる土のうは、高吸水性ポリマーがその中に入っており、水をかけることで土嚢として機能するようになっています。高吸水性ポリマーの土のうは従来の製品と比べて軽いので、持ち運びにも便利です。また、使用した後は、乾燥することで軽い状態に戻りますので、繰り返し何度でも使用できるのが大きなメリットと言えます。